モンマルトル

モンマルトルはパリのセーヌ河畔にある地区の一つで、高さ約130mの丘の上に位置しているのが特徴です。この魅力的な地区は、19世紀の戦い、印象派と呼ばれる芸術様式の誕生、フレンチボヘミアン運動の勃興など、パリの歴史上重要な出来事の舞台となったところです。少なくとも100年前は光の都の中でも最も田舎だったのが、今では最も観光客が多い地域の一つになっていることは特筆に値する。

この地域は、印象派の発祥地であり、後に述べるパリのボヘミアの発祥地であり、普仏戦争やコミューンの最も重要な戦場であったことは重要なことである。

この丘はもともと宗教の中心地で、いくつかの修道院が設立されていた。修道院は、宗教などアンシャン・レジームと関わるものからの脱却を目指したフランス革命で破壊された。都市が拡大するにつれて、この丘は次第に都市の一部になっていった。

動画

19世紀後半、パリのボヘミアン・ライフの中心地となった。フランスの偉大な芸術家たちが住み着き、カフェやキャバレー、レストランが立ち並びました。

1889年に誕生したキャバレー「ムーラン・ルージュ」は、世界で最も有名なもののひとつであり、パリで最も重要なモニュメントのひとつとなっています。このキャバレーを題材にした、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが共演した映画をご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?モンマルトルに位置し、この地域の自由でリラックスした精神を見事に表現していることを実感していただけると思います。

https://goo.gl/maps/9FWDvapSZwxmJfQm9