理工都市

パリの屠殺場跡地に位置するパルク・ド・ラ・ヴィレットは、アクティブな空間であり、会議、文化、レジャーのための新しい地区です。シテは、展示、文書化、コミュニケーション、研究の場として、現代の最も偉大な科学技術の進歩を紹介しています。最新の視聴覚とコンピューターによるコミュニケーション技術を用いて、多面的かつ補完的なアクティビティを提供し、誰もが明日の世界のプレイヤーであり続けるために、学び、聞き、感動する新しい方法を提供しています。
1986年にオープンしたシテ・デ・サイエンスは、建築家アドリアン・フェインシルベルによって建設されました。

そのデザインには3つのテーマがあります。

本館を取り囲むように、重要なテーマである「水」が配置されています。
植物は、3つの生物気候の温室を通って内部に入ります。
光は、直径17mの2つの回転ドームのおかげで、展示スペースを照らす。

敷地内では、地図やガイドが受付デスクに配布され、訪問者の興味のある場所への誘導を行っています。

シテの上層3階の常設展示は、クラシックな美術館ではなく、巨大な実験場です。

エクスプローラ:地球と宇宙、生命、言語とコミュニケーション、資源の開発、技術と産業の発展に関する30000平方メートルの常設展示。

プラネタリウム:実物の映像、天文シミュレーター、三次元音響システムを使って、科学と詩を交えて太陽系を発見することができます。

水族館:地中海の風景の動植物の代表的なサンプルを再現しています。

こどもの街. 教育ワークショップを構成しています。

ルイ・リュミエールの映画館では、科学的・技術的な文書をすべての観客に向けて放送しています。

ジオード:シティの南側のファサードの前にある直径36mの球体は、実際には1000m2の半球状のスクリーンを提供する映画館である。広角レンズと画面の大きさと形のおかげで、鳥のような視界を実現しています。

アルゴノート:1957年6月29日に進水したこの狩猟用潜水艦を展示スペースにしたもの。

シナックス:宇宙飛行やカーレースなどのシミュレーションを、4~5分間、投影されたフィルムを通して体験することができます。

30, av Corentin Cariou 75019 パリ
メトロ7号線:ポルト・ド・ラ・ヴィレット(Porte de la Villette)。

http://www.cite-sciences.fr/