ルイ・ヴィトン財団

そもそも、ルイ・ヴィトン財団はパリの郊外、より洗練された地域にあります。それは、それが遠くにあり、どこでも観光客が少ないので、この場所に特別な空気を与えます。第二に、公園(Jardin d’Acclimatation)の中にあるため、建築の美しさがより際立っています。そして、もちろん建物の形も素晴らしいです。

ルイ・ヴィトン財団とは?

有名な建築家フランク・ゲーリーが船の帆をイメージしてデザインしたものです。有機的なモデルと未来的なモデルが混在した建築で、アートコレクションや企画展には自然光が降り注ぎます。

ルイ・ヴィトン財団の創設者は、LVMHの会長兼CEOであるベルナール・アルノー氏。彼の目標は、パリにその形態と展示の両方において、並外れた文化的空間を提供することでした。彼はもう一つのものを与えることができませんでした。外も中もスライムだらけの場所です。

建物は2階建てで、4,000㎡以上の広さの11のギャラリーがあり、MoMAのような興味をそそる、関連性のある、疑問のある展覧会を開催しようとしています。

ルイ・ヴィトン財団への行き方は?

行き方は複雑ではありませんが、場所によっては時間がかかることもあります。最寄の地下鉄駅は1号線のレ・サブロン駅です。駅から財団までは徒歩で10分ほどかかります。

ルイ・ヴィトン財団を訪問するにはどうすればいいですか?

午前中や午後の時間を利用して、財団と公園を楽しむのがおすすめです。パリで自由時間がある人や、観光地ではなく、もっと変わったことをしたい人には最適です。今回の訪問では、実際にはパリの方が多く、観光地化していない側面を知る価値があります。

住所: 8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris, France
日程:月・水・木曜日の12時から19時まで。土日は11時から20時まで。火曜日が定休日です。

https://www.fondationlouisvuitton.fr/